Macで文字起こしが楽になる”CasualTranscriber”

Macで文字起こしが楽になる”CasualTranscriber”

こんばんは、織田檸檬です。

みなさんは文字起こしってやったことありますか。あれ超めんどいですよね。

今回はその文字起こしを楽にしてくれるフリーソフトの紹介記事です。(ただしMac用です)

CasualTranscriber

https://sites.google.com/site/casualconcj/yutiriti-puroguramu/casualtranscriber

この文字起こしアプリ『CasualTranscriber』は、Macで最も手軽で使いやすい文字起こしアプリです。

文字起こしアプリは他にも以下の記事でまとめられていますが、なかでもコレな理由が3つあります。

1.無料

CasualTranscriberはフリーソフトです。先ほどのリンク、もしくはこちらのサイトにいけば無料で落とせます。

開発者の方は日本人で、現在も開発がなされているため、安心感がありますね。

2.あらゆるメディアに対応

mp3やm4a、wavなどの音楽データをはじめ、mp4などの動画にも対応しています。ユニークなのは、YouTubeなどローカルにないメディアの再生にも対応しているところです。

だいたいのデータは再生可能だと思いますが、もしかしたら再生に対応していない場合もあるかもしれません。その際は別途mp3などに変換することで解決できるでしょう。

http://www.theyoump3.com/japanese/

3.カスタマイズできるショートカット

さらにCasualTranscriberは、環境設定で自分の好きなキーを、ショートカットとして設定することができます。

BWが巻き戻し、FWが早送り。再生には、Option+Zを割り当ててみたが、各自好きにカスタマイズできる。

なかでも便利なのが固定時間分巻き戻すショートカットで、これはデフォルトですでに設定されています。

タイピングの速度によって変わってくるのですが、僕はCommand+3の5秒前に戻るショートカットを頻繁に活用しています。

書いたらCommand+3。これで丁度いいくらいに次に進めます。

僕はこれで、プレイヤーのシークバーを小刻みに戻していく作業から解放されました笑。

CasualTranscriberはマウスをほぼ必要としないので、キーボードから手が離れなくてすみます。めちゃ便利です。

補足:使い方

ドキュメントを見ればわかると思いますが、一応補足として使い方も載せておきます。

といっても簡単です。

ファイルからメディアファイルを開く。これだけです。

あとは再生して、文字を打って、数秒前に戻って〜を繰り返せばよいです。

終わりに

有料の文字起こしアプリもあるみたいですが、現状僕はこのCasualTransciberで十分満足しています。Command+3が便利すぎました。

おかげでだいぶ文字起こしに対する抵抗もなくなりました。作業もさくさく進むし、なにより快適なので、前ほど嫌な作業ではなくなりました。まぁ面倒なのは変わりないんですけどね笑。

みなさんも、この文字おこしアプリ『CasualTranscriber』で文字起こしライフを加速させていきましょう。

以上です。